フィネスの重要性。

奥矢作湖は例年9月頃から減水が進行する傾向があり、それに伴い魚が沖の地形変化にコンタクトするようになってきます。

こうなると皆様、苦戦されるようになります(..)

水深5mを越えると未知の世界!なんて方も多く、どう攻略してよいのかわかりません!という声も多く聞こえてきます。

本日、出船されたお客様もやはり苦戦されたようです(..)

魚探をしっかり見て、当店にも在庫している下の写真のセットがあれば間違いなく魚に触れるかと思います!

タックルバランスはかなり重要で、フィネスを舐めてかかると痛い目にあってしまいます(;´`)

ご安心ください!

当店の無料レンタルロッドには、ダウンショットに最適なモデル、フェンウィック”エイシス62SUL+P”もありますので、是非、この際にディープ攻略を体感してみて下さい(^^)

余談ですが、今年の7月にシーホース三河の金丸選手とともに野尻湖釣行を行った際、苦戦する金丸選手に私のタックルを手渡すと、なんと一投目でビッグなスモールマウスをキャッチすることができました\(^^)/

フィネスの奥深さを実感してもらえた出来事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です