早春を攻略しよう!②

春が待ち遠しい今日この頃。

前回の続きです。

なぜ、8℃の境界線が存在するのか??

こういうことを考えだすと、とにかく妄想を膨らまし基本的に迷宮入りすると思われます。笑

過去の自分もそうでした。

低水温期の代謝がどうだとか色々と考え出します。

決して間違っているわけではありません。

考えに考え抜いて疑問を生み出すことはとっても大切な作業です。

しかし、私はある時釣りウマトーナメンターの方にとても大きな助言を頂いたことがあります。

『難しく考えすぎじゃない?』と。

その助言を頂いてから本当に釣果が伸びるようになりました。

ふと気付けば、より釣れる理由を明確化しようと考え抜いた結果、自分の中でバスフィッシングを複雑化し、より難しいものにしてしまっていたということです。

実際には、考えに考え抜き経験した先にはとってもシンプルな答えがあったのです。

そのため、ここでは複雑なことは書きません。

自分が思う水温8℃の壁はやはり水の透明度だと感じます。

低水温期特有のプランクトンが死滅し、クリアアップするためよりルアーセレクトがシビアになるためと考えます。単純にバスがよりセレクティブになります。

確かに低水温で代謝が落ち、食性が落ちる。間違いありません。確実に食いは渋くなります。

しかし、経験上真冬のクリアアップ時、全く相手をしてくれないバスでも雨等の影響で濁りが入った状況にて口を使った経験はあります。

時期を問わず水の色は魚を騙す上ではとても重要な要素です。

マッディなフィールドを例外として、8℃を下回る状況ではよほどの大雨が降らない限り、強く濁ることはありません。たとえ濁っても薄っすら白く濁る程度でしょう。食性が落ち、透明度が増す状況・・・当然難しくなります。

去年の12月下旬、水温5℃という厳しい状況で奇跡の1本!!

 

8℃を大きく上回った状況でまとまった雨が降ると、しっかりと白く濁ります。この白濁りは低水温期特有の濁り方です。春に赤いカラーが効くという説はこの白濁りに赤がマッチするからです。ザリガニが・・・など諸説あると思いますが、自分は難しく考えずに白濁りには赤いカラーと考えます。

低水温期特有の白濁りには赤系カラー。

 

少し話が逸れましたが、8℃を上回ると食性がUPし水に色が付きやすい状況になるため、よりルアーに好反応を示すようになります。

しかし、やはり8~9℃の一桁台ではまだまだ透明度が高いため、バスが口を使う水温ではありますが、セレクティブになる傾向が強まります。

去年の4月上旬、まだまだ水温が上がりきらない状況で雨が降るも濁りも薄かったため強さを抑えたミドストでの1本。

 

ここで重要になるのは適材適所のルアーセレクト。

本日はここまでとします。

次回は、ルアーセレクトに関して記していこうと思います。

本格的シーズンインに向けて。早春を攻略しよう!①

あと少しで本格的シーズンインするバスフィッシング。

本日より少しずつですが私なりのその攻略法をシンプルに記していきたいと思います。

そもそも、冬でも湖上に浮く自分にとってはシーズンインという言葉が無いのですが・・・・笑

おそらくバスフィッシングを楽しまれる多くの方が、3月頃の早春から本格的に水辺に立つようになるのではないでしょうか??

実際、釣果が良く聞こえるようになるのもやはりそれくらいからですよね!

一口に春と言っても、早春・春・晩春と言ったように3つの季節に分けて考えた方がイメージしやすいかと思います。

今回はその中でも早春の攻略法について記していきます。

私が冬によく行くフィールドでは、12月下旬に1年間で最も水温の下がる最低水温期に突入しパタッと釣果が落ちてしまいます。今まで食わせの展開で口を開いていた魚が一切口を使わなくなります。難易度はウルトラMAX級ですが、決して釣れないわけではありません。

この時期には仮死状態となり全く動かない魚を見ることも多々あります。

 

それから長いようでたった2ヶ月間ほどしかない短い冬の期間が2月下旬まで続きます。

先日の釣行時はなんと水温3℃台(゜゜;)今年は群を抜いて低水温となっています。

 

そして、3月ともなると一気に水の中の季節は進行していき早春を迎えます。

水温も最低水温期から抜け出し、8℃を上回る日が多くなります。

“多くなる”と言うのは、3月は三寒四温と言われるほど気温が目まぐるしく変わる季節です。当然、水温もコロコロと変動するため上がったと思った水温が寒の戻りによって一気に下がることも頻繁にあることです。

この水温8℃というのが早春を攻略する上での大きなキーとなると考えます。

水温が8℃を上回ればバスは口を使います。その場合、水色・天候等を加味してルアーセレクトした上で、バスにしっかりルアーを見せて食わせの展開に入ります。

水温が8℃を下回っている状況では、食わせの展開では口を使わせることが難しいことが予想できるため、違う展開に持ち込みます。リアクションですね。

これだけ把握しているだけでも、大きく集中力が変わってきます。

どれだけ確信を持って釣りをするか。とっても重要なことです。

しかし、フィールドによっても差が出てくるのも事実です。

そのフィールドの魚のスレ具合、個体数、カバーの質、地形等、様々な要因による釣りやすさ、釣りにくさは確実に起こることです。

それを解決するのがフィールドに通うことです。

真剣にフィールドと向き合うと、そこがどのような特性を持ったフィールドなのかが感じ取れるようになります。

さて、なぜ8℃なのか??

そこを理解すると自ずとルアーセレクトも出来るようになると考えます。

次回は、もう少し掘り下げて記していきたいと思います。

リールメンテナンスDAY。

本日はお預かりしていたリールのメンテナンス。

そろそろ冬の厳しいシーズンも終わりを迎えます。

3月に入ると三寒四温を繰り返しながら、最低水温から徐々に水温が上昇してきます。8度前後に達する頃にはバス達も口を使うようになります。

しかし、まだまだ水温も低く安定しないためイージーではありません。

そんな春に向けての攻略法を今後、記していきたいと思います。

 

現在、JONSTYLEは水位低下に伴い休業中となっております。ダムの点検工事が3月7日まで続く影響で、3月中旬頃からの営業再開を予定しております。

何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

休業期間中は、矢作川水系リザーバーガイドを行っております。

正直、釣果はあまり見込めない時期となりますが、冬の真実を知ることで確実にスキルアップに繋がると私自身は感じております。

興味のある方は、是非お気軽にご連絡下さいませ!(^^)

(tel:080-2612-7954)

イノシシに注意。

本日は朝から消防団活動。

先日の釣りの帰りに足助のスーパーパレットに寄った時のこと。

店舗外にて従業員の方と『数年前にそこで巨大なイノシシを見たんですよ』と指を差したその先に・・・

イノシシ登場!!(^^;

なんというタイミングのよさ。

近距離で見るイノシシはやはり迫力があります。

これからハイシーズンに向けて川やダム湖で釣りをする方が多くいらっしゃると思いますが、こちらの地域はイノシシが頻繁に出没します。

特に早朝は出没率が高まります。

十分にお気をつけください!

12月から調子の悪い胃腸がいよいよ絶不調になってきた今日この頃です(´`)

強烈寒波のガイド釣行。

本日は南さんとの釣行!

朝イチ、まさかの前日よりバリバリに湖面凍結。

なんとか割りながら突き進みエリア到着。

魚の姿はあるもなかなかチャンスは訪れず・・・
昼過ぎ、魚探を付けると・・・なんとまさかの水温3℃台(゜゜;)

こりゃ~厳しいはずだ(゜゜;)

今年の寒波は異常です!

しかし、PM4:00を過ぎる頃にはゾロゾロと・・・
南さんの一発に猛チェイスするもバイトには至らず・・・タイムアップ。

久しぶりに興奮しました!!

南さんの楽しかったですの一言が何より嬉しいです(>_<)ありがとうございました!!

昼食は毎度の照り焼きチキンカツバーガー(´`)