春を攻略しよう!①

本日も営業再開に向けて全力作業!

昼食は毎度お世話になります稲武はすえひろ家のラーメン(´ж`)うまっ!!

さて、本日からは早春・春・晩春と3つに分けたシーズンの攻略法から“春”に話を移して、記していきたいと思います。

3月の早春、三寒四温を繰り返しながら季節は徐々に進行していきます。

4月にも入り、水温が13℃前後まで上昇してくるといよいよスポーニング行動が本格化します。春到来です。

本日はスポーニングのお話をしていきます。

バスフィッシングの春と言えば、スポーニングと言われる産卵行動をイメージされる方が多いかと思います。

しかし、私の経験上ですが実はスポーニングは春だけではなく春~秋まで続くフィールドが存在します。

ざっくり言いますが、フロリダバスという種が存在し彼らはスポーニング行動に入るのがラージマウスバスより遅いと言われております。

そして、なんせ彼らは大きくなる。

去年の10月末の台風後、強い濁りが残る状況にてピンスポットをファットペッパーで攻めてヒットした59cm4400gのビッグバス。おそらくまだまだ成長するフロリダバスだと思われる。

 

その大きさから産卵も1回では終わらず、複数回に渡って繰り返すと言われております。

おそらく私が確認した目測でも60cm前後はあるであろう秋のスポーニングフィッシュはフロリダバスだと考えられます。

夏場でも水深5m前後から大型のスポーニングフィッシュが釣れてくることもあります。

シンプルに考えます。

春は適水温が表層付近に存在するため、産卵行動もシャローで行われます。

夏は表水温が高くなりすぎるため、一段深いレンジで産卵行動が行われます。

秋は表水温が下がるため、春同様シャローで産卵行動を行う個体が存在します。

見えていないだけで実は産卵行動が行われいることは多々あります。

ラージマウスバスしか生息していないフィールドであれば遅くとも8月頃までにはスポーニング行動は落ち着くでしょう。

スポーニング最盛期と言われる水温23℃前後では30cmクラスの魚でもスポーニングに入る個体も見受けられます。

そして、スポーニングには順序というものが存在します。

ここでは細かい事までは語りませんが、大きく分けて4つ。

①プリスポーン(冬~早春の産卵前の卵巣を持った個体)

②ミッドスポーン(産卵行動中の個体)

③ポストスポーン(産卵直後の個体)

④アフタースポーン(産卵後の回復に向かう個体)

この4つ、それぞれバスの動きが変わるため釣り方も変わってきます。

大型のバスは複数回に渡って産卵を繰り返すとお話しましたが、例えば3回産む個体の場合この周期を3回繰り返すと私は考えます。

次回からは、これらのバスの行動や攻略法を記していきたいと思います。

ここで前回少しだけ触れた、バスには必ず好きな場所があるというのを実感した体験を一つ上げます。

冬~早春の早い時期に、シャローで一匹の色素の抜けたバスを目撃しました。

一見アルビノのような色素の抜けた魚で、とても目立つ魚でした。

そして、その後いつ行ってもいるんです、その目立つ魚が(^^;)

その時から、こいつここが好きだな~と感じていたのですが・・・

季節が進行して春、スポーニングシーズンを迎えると。

今までいたエリアの対岸にいるじゃないですか、産卵行動に入っている彼が!!

その後は見かけなくなり、迎えた翌年の冬~早春・・・・

またいるんです、去年のシャローに(^^;)

そして、季節が進行して春、スポーニングシーズンを迎えると。

いるんです!!対岸の去年と全く同じ場所で産卵行動に入っている彼が!!(^^;)

実はこのような体験はこの魚だけではありません。

これもとても大きな経験値となります。

台風等で地形が変わり、カレント(流れ)等に大きな変化が生じるとその限りではありませんが、バスの好きな場所。

覚えておいて損はありません。

余談ですが、某メーカーの方から聞いたお話では大阪府の淀川には名前のついたロクマルが生息しているそうです。笑

カントリーレストラン渓流荘へ。

本日は豊田市旭高原の雪そりゲレンデとJONSTYLEから車で約15分ほどの位置にある豊田市田津原町、カントリーレストラン渓流荘へ行ってきました。

我が家から15分程の位置にある旭高原元気村。あまりに近いせいか子供たち・・・そりを滑ってもすぐに飽きてしまいます(^^;)きっと“いつでも来れる”と思っているのかな??釣りでもそうですが、恵まれた環境にいると以外とそれをやらないものですよね(^^;)

 

そり滑りの後はずっと行きたかった渓流荘!!

旭高原元気村からは25分ほどで到着。

 

ダムカレーを頂きましたが・・・めちゃめちゃ美味しかったです!!(´`)

猪のスネ肉が本当に柔らかくてボリューム満天味抜群、カレーも本当に美味しかった!!

つけあわせの漬け物も主役級の美味しさでした!!

おまけに大自然に囲まれた景観も最高です!

あまりの自然の豊かさに道中、カモシカ登場!可愛かったな~

 

家族や友人で遊びに来るには最高の場所かと思います!いや、一人でも行っちゃうかも(゜゜;)

店主の後藤さんの人柄も笑顔も素晴らしく、また来たいと強く思うようなお店でした!(^^)

2月から3店舗にて販売が開始された矢作ダムカレー。

渓流荘では、地元産の猪のスネ肉を乗せたダムカレーを販売されております。

その名も”猪ドッカン!旭の矢作ダムcurry”。

豊田市旭地区にあるスパイス屋さん『ニランジャンのネパールキッチン』のスパイスを使用したコラボカレーとなっております。

お米は旭産のミネアサヒ。

つけあわせには旭の名物、自然薯を使った福神漬けもついております。

美味しいですよ!!

早春を攻略しよう!④

久々の不眠症発動!

一睡も出来ずに迎えた朝、ひげそりでまさかのミス。

まゆげ損傷の大事故(´ж`)

さてさて、本日も前回からの続き“早春のバスの動きを掴む”を記していきます。

前回も記したように、やはり早春は表水温が高くなります。

冬の間、冷やされた水は比重が重いため沈み、春の陽気で温められた表層付近が圧倒的に条件が良くなります。例外としてはシャローエリア。そもそも浅いため満遍なく温められ、魚がボトムにいることもあります。

当然、魚たちはそのような条件の良いエリアに集まってきます。

ビッグフィッシュというのは間違いなく小さなバスより体力があると見て感じ取れます。

冬場でも条件が良いフィールドでは多くのビッグフィッシュが動いている場面を見ることが可能です。

たとえ水温が2℃や3℃でも。

小さなバスは冬場、めっきり姿を現さなくなるため、通常は水温変動の少ない越冬場所のボトムに腹をつけ仮死状態になっていると考えられます。

そんな彼らも気圧の関係で活性の上下こそあるものの、冬の間は長い時間仮死状態にあると予想できます。

このように、やはり早春は冬でも動いている大きな個体のバスから動きだす傾向があります。

しかし、どこにでもバスが浮いてくるわけではありません。

それなりの規模のフィールドであれば、必ずそのフィールドで条件の良い場所が存在するはずです。

ここではシンプルに考えます。

単純にそのフィールドでいち早く水温の上がりやすい場所です。

春はバックウォーターとかクリークとか色々と言われますが、フィールドによってバラバラです。

難しく考えてはいけません。

一日を通して日当たりの良いエリア、水温の高いクリーク、湧き水、良いレンジにある良い地形など・・・・探してみるときっとバスが早春に好むエリアを見つけることができるはずです。

そして、もう一つ大切なのが水位。

これは早春だけではなく年間を通してバスを探す上で、とても重要な要素となります。

湖によっては放水等による水位変動が大きなフィールドも存在します。

水位が変われば、今まで良かったエリアが全く機能しなくなることは多々あります。

きっとバスにとっての居心地が変わってしまうために起きる現象かと思われます。

しっかりとその日の良いレンジを見極め、そのレンジを各エリアのいい地形やカバーに当てはめる事が重要となります。

これらの全ては経験値から生まれるものです。

私の経験上、バスには好きな場所が必ず存在すると考えます。

去年の早春、バスがしっかりと止まるカバーを見極め、数回のアプローチの末出会うことが出来た魚。ルアーはフットボールジグ。

 

そこに関しては今後、春のお話をする際スポーニングについて記しますがそのあたりで説明しようと思います。

本日はここまでとします。

次回は、早春・春・晩春の中の“春”について記していこうと思います。

早春を攻略しよう!③

今年の冬は本当に寒すぎます。。

毎朝こんな気温。。。

豊田市稲武の山奥は-19℃を観測したとか・・・・(゜ж゜)

寒いのがとっても苦手です。。。あと1ヶ月の辛抱です!!

さて、本日も前回からの続きで“ルアーセレクト”に関して記していこうと思います。

前回は低水温期のクリアアップ時にはバスがよりセレクティブになると記しました。ここに大きなキーが隠されていると考えます。

私がクリアウォーターフィールドで釣りをするようになった当初、一番に感じたことが・・・・

『水の中ってこんなに魚いたんですね。汗』

そして・・・・

『こんなにいるのに全く釣れないんですね。汗』

という衝撃の事実でした。。。

冬あるある。スケスケのクリアアップ状態では仮死状態の魚を見ることが多々あります。これも一つの大きな経験値。

 

それはもはや、釣りに行って癒されるはずが気付けばストレスでしかない!!笑

クリアウォーターの最大のメリットはやはり水の中が見えること。

散々撃ち倒して釣れない・・・しかし、いざ近づくと沢山の魚が。

こんなことはよくあることです。

魚がいるのに口を使わない。

この経験というのは最大の経験値となります。

この経験値を生かし、挫けずに何度も何度もフィールドに通い、何度も何度も打ちのめされ、様々なことにトライして、失敗や成功体験を積み重ねることにより、確実に大きな引き出しが生まれます。

自分が常々感じることは釣れない魚は存在しないということです。

必ずそこには正解が存在すると考えます。

その正解に近づくためには、経験値から導き出した100%に近いアプローチをするということです。そうすれば、高確率で釣果に繋がります。

2017-07-12-10.01.34      去年の初夏、狙いを定めたエリアに確信を持ち、ロングディスタンスにて沖のブレイクラインをノーシンカーフリーフォールで仕留めた1本。

 

自分がクリアウォーターフィールドで学んだルアーセレクトはやはり強弱。

単純です。

水の透明度が高い時は、波動を抑えます。

(バスの警戒心が高まるためソフトにアプローチ)

濁った時は、波動を強くします。

(濁りで目が利かなくなっているため気付かせることが重要)

これはソフトルアー、ハードルアーともに同じ考え方です。

波動のセレクトも難しく考えてはいけません。

操作した時に手元に抵抗を感じるルアーはしっかりと水を噛み強い波動を出している証拠です。

ざっくり言うと、I字形ルアーは最弱。バルサ素材の高浮力フルサイズクランクは最強ですね。

しかし、当然ながらそれだけをマッチさせただけでは釣果には繋がりません。

そこには水温による魚の状態、フィールドのスレ具合、カバーの質等の違う要素も重要になります。

低水温期の濁りと高水温期の濁りではセレクトするルアーも変わってきます。

エリアによるカバーの質によっても変わってきます。

クリアウォーターだからソフトルアーという安易な考えでは昨今のプレッシャーのかかったフィールドを攻略するには難しいかもしれません。

もう一歩踏み込んでみましょう。

ソフトルアーの中でも強弱は存在します。

似たような3インチクラスのワームでもそれは存在します。

ピンテールなのか、フィッシュテールなのか、シャッドテールなのか・・・・はたまネコリグ?ジグヘッドワッキー?スモラバ?などなど。

このようにソフトルアーだけでも様々な強弱が存在します。

この強弱をその時のフィールドの状態や魚の状態にマッチさせてあげることです。

早春のキーはまだまだ低水温でクリアアップしていること。

濁りが入っても白濁り。

ということは、極力波動を抑えてアプローチすることです。

そして、いつ何時でも重要なのは魚がどこにいるのか。

当然、魚がいなければ勝負が始まりません。

春は比重の重たい冷たい水が沈み、表水温が高くなる傾向があるため、魚は浮きます。

フィールドによって動きの違いはありますが魚は同じブラックバス。

どこのフィールドでも春は浮くと考えて良いでしょう。

低水温のクリアアップ、浮いた魚を攻略するのに適したルアー。

ハードルアーなら静と動のメリハリのきくジャークベイト。

止めることが出来て水押しもソフトなジャークベイトは低水温のクリアウォーターにも有効なルアーです。

白濁りが入れば波動の弱いフラットサイドクランクもベスト。

ソフトルアーなら、ミドルレンジを攻略するためにはミドスト、ジグヘッドワッキー、ジグヘッド、ノーシンカー等・・・・

まだまだ様々な物が上げられますが、ルアーセレクトをここだけで語ることは難しいので深くは語りません。

ガイド釣行時は、くどいくらい喋らせて頂いております。笑

本日はここまでとします。

次回は、“早春のバスの動きを掴む”ということに関して記していこうと思います。

早春を攻略しよう!②

春が待ち遠しい今日この頃。

前回の続きです。

なぜ、8℃の境界線が存在するのか??

こういうことを考えだすと、とにかく妄想を膨らまし基本的に迷宮入りすると思われます。笑

過去の自分もそうでした。

低水温期の代謝がどうだとか色々と考え出します。

決して間違っているわけではありません。

考えに考え抜いて疑問を生み出すことはとっても大切な作業です。

しかし、私はある時釣りウマトーナメンターの方にとても大きな助言を頂いたことがあります。

『難しく考えすぎじゃない?』と。

その助言を頂いてから本当に釣果が伸びるようになりました。

ふと気付けば、より釣れる理由を明確化しようと考え抜いた結果、自分の中でバスフィッシングを複雑化し、より難しいものにしてしまっていたということです。

実際には、考えに考え抜き経験した先にはとってもシンプルな答えがあったのです。

そのため、ここでは複雑なことは書きません。

自分が思う水温8℃の壁はやはり水の透明度だと感じます。

低水温期特有のプランクトンが死滅し、クリアアップするためよりルアーセレクトがシビアになるためと考えます。単純にバスがよりセレクティブになります。

確かに低水温で代謝が落ち、食性が落ちる。間違いありません。確実に食いは渋くなります。

しかし、経験上真冬のクリアアップ時、全く相手をしてくれないバスでも雨等の影響で濁りが入った状況にて口を使った経験はあります。

時期を問わず水の色は魚を騙す上ではとても重要な要素です。

マッディなフィールドを例外として、8℃を下回る状況ではよほどの大雨が降らない限り、強く濁ることはありません。たとえ濁っても薄っすら白く濁る程度でしょう。食性が落ち、透明度が増す状況・・・当然難しくなります。

去年の12月下旬、水温5℃という厳しい状況で奇跡の1本!!

 

8℃を大きく上回った状況でまとまった雨が降ると、しっかりと白く濁ります。この白濁りは低水温期特有の濁り方です。春に赤いカラーが効くという説はこの白濁りに赤がマッチするからです。ザリガニが・・・など諸説あると思いますが、自分は難しく考えずに白濁りには赤いカラーと考えます。

低水温期特有の白濁りには赤系カラー。

 

少し話が逸れましたが、8℃を上回ると食性がUPし水に色が付きやすい状況になるため、よりルアーに好反応を示すようになります。

しかし、やはり8~9℃の一桁台ではまだまだ透明度が高いため、バスが口を使う水温ではありますが、セレクティブになる傾向が強まります。

去年の4月上旬、まだまだ水温が上がりきらない状況で雨が降るも濁りも薄かったため強さを抑えたミドストでの1本。

 

ここで重要になるのは適材適所のルアーセレクト。

本日はここまでとします。

次回は、ルアーセレクトに関して記していこうと思います。